未経験からはじめました
川野弘貴
運行管理者
2016年入社
前職/海上コンテナ輸送会社の事務スタッフ

トラックの運転経験ゼロで入社。
半年間勉強した後、運行管理者に。

前の会社にいる時に「特殊車両通行許可」の申請について教えてもらったコンサルタントの方に転職先を相談した時、「その知識を活かして運送会社に転職したら?」とアドバイスをもらったことが、チャーターズに入社したきっかけです。トラックの運転経験も無いし、普通免許しか持っていなかったので、面接での手応えは無く、「ダメだった」と思っていました。後から聞いた話だと、「まったく経験が無い人を採用して大丈夫か?」という慎重な意見もあったといいます。それでも採用してもらえたので、嬉しかったです。
人と関わることが好きだったので、入社した時から「運行管理者になりたい」と思っていました。とは言っても、何も知らない状態からのスタートなので、最初の半年間は先輩ドライバーの横に乗ったり、2トン車での運行をしながら中型免許を取得しました。

今は会社が変わっていくタイミング、
会社を良くするために少しでも貢献したい。

23歳で運行管理者になり、今は先輩に聞きながら自動車部品チームの運行管理をしています。新規便の立ち上げやイレギュラーな依頼に対応する特車の段取り、乗務員の健康管理などが中心です。最初のうちは「若いヤツに運行管理を任せて大丈夫か?」なんて心配するドライバーの方もいましたが、2年、3年経つうちに信頼してもらえるようになりました。今では給与を増やしたいドライバーがいれば立ち寄り場所を調整するなど、一人ひとりの希望にできる限り答えられるような配慮もしています。私の「おはようございます」「お疲れ様」という声掛けで、仕事のオン・オフのスイッチが入ってくれるといいなと思いながら、ドライバーと接しています。
また、他にも安全会議で使う資料を、パワーポイントやエクセルで作成しています。もっとシステムの勉強をして、会社全体でパソコンを活用できるようにするのが、今の目標です。ちょうど会社が変わっていこうというタイミングで入社できたことが、私にとっても幸せです。私のような若い人の意見も聞いてくれるので、会社をもっと良くしていくのに少しでも貢献していきたいです。それが、未経験の私を採用してくれたことへの恩返しになると思っています。

INTERVIEW

ページの上部へ